2021年東京オリンピック開催決定!!
 

東京オリンピック【卓球】女子日程(シングルス/ダブルス/団体)|会場&注目の日本選手

東京オリンピック

東京オリンピックで注目を集めている競技に、「卓球」が挙げられます。

集中力と肉体的な敏しょう性、柔軟性をあわせ持つ選手が、ラインぎりぎりのコースを狙っていく大胆な攻撃はダイナミックですよね。それに熱戦を繰り広げる選手の雄叫びも見所の一つです。

絶対王者の中国が君臨する「卓球」では、日本勢の悲願達成なるかが女子・男子ともに注目を集めています。

今回の記事では、東京オリンピック【卓球】女子の競技日程、会場、注目の日本選手を解説していきます。

 

東京オリンピック【卓球】女子の競技日程

東京オリンピック【卓球】女子の競技日程は、

2020年7月25日(土)~7月31日(金)、2020年8月2日(日)~8月6日(木)までの期間です。

予選等の日程は以下にまとめています。

【卓球】種目別スケジュール|女子シングルス

シングルス(女子)予選は、7月25日(土)から始まり、注目の決勝は、7月30日(木)の20:00~22:10です。

【予選】
7/25(土)   9:00~12:45 (予選)
7/25(土)  14:15~17:15 (予選)
7/25(土)  19:30~22:30 (予選)
7/26(日)  14:00~17:45 (予選)
7/27(月)  10:00~13:00 (予選)
7/27(月)  14:30~17:30 (予選)
7/28(火)  10:00~13:00 (予選)
7/28(火)  14:30~17:30 (予選)
7/28(火)  19:30~22:30 (予選)

【準々決勝】
7/29(水)  10:00~13:00 (準々決勝)
7/29(水)  15:00~18:00 (準々決勝)

【準決勝】
7/30(木)  11:00~13:00 (準決勝)

【3位決定】
7/30(木)  20:00~22:10 (3位決定)

【決勝】
7/30(木)  20:00~22:10 (決勝)

【卓球】種目別スケジュール|女子ダブルス

ダブルス(混合)予選は、7月25日(土)から始まり、注目の決勝は、7月27日(月)20:00~22:10です。

【予選】
7/25(土)   9:00~12:45 (予選)

【準々決勝】
7/26(日)  10:00~12:00 (準々決勝)

【準決勝】
7/26(日)  20:00~22:00 (準決勝)

【3位決定】
7/27(月)  20:00~22:10 (3位決定)

【決勝】
7/27(月)  20:00~22:10 (決勝) 

【卓球】種目別スケジュール|女子団体

団体(女子)予選は、8月2日(日)から始まり、注目の決勝は、8月6日(木)19:30~22:40です。

【予選】
8/2(日)   10:00~13:00 (予選)
8/2(日)   14:30~17:30  (予選)
8/2(日)  19:30~22:30 (予選)
8/3(月)   10:00~13:00 (予選)
8/3(月)   14:30~17:30  (予選)
8/3(月)  19:30~22:30 (予選)

【準々決勝】
8/4(火)   10:00~13:00 (準々決勝)
8/4(火)   14:30~17:30  (準々決勝)
8/4(火)  19:30~22:30 (準々決勝)

【準決勝】
8/5(水)   10:00~13:00  (準決勝)

【3位決定】
8/6(木)   11:00~14:00  (3位決定)

【決勝】
8/6(木)   19:30~22:40  (決勝)

 

東京オリンピック 【卓球】女子の会場

会場は、東京体育館です。

[所在地]
東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目17番1号
[アクセス]
JR総武線「千駄ヶ谷駅」徒歩約1分、都営大江戸線「国立競技場駅」徒歩約1分

シングルス・ダブルス・団体全て、この東京体育館で開催されます。

東京体育館は、1964年の東京大会で、体操・水球が行われたオリンピックレガシーを有する施設です。

卓球は、勝ち進んでいくと、会場の照明を観客席側は暗く、コートを明るくします。そうすることで遠くからでも、コートの様子がよく見えるのです。

決勝戦ともなれば、会場内のコートは一面のみの実施になるので、遠くからでもより見やすくなるでしょう。

 

東京オリンピック【卓球】女子の注目の日本人選手

卓球女子日本代表の選手は、出場枠争いをくぐり抜け、世界ランキング20位以内の選手が揃いました。

石川佳純(いしかわかすみ)

[生年月日]
1993年2月23日
[出身]
山口県山口市
[世界ランキング]
最高3位 (現在3位)

伊藤美誠(いとうみま)

[生年月日]
2000年10月21日
[出身]
静岡県磐田市
[世界ランキング]
最高5位 (現在7位)

平野美宇(ひらのみう)

[生年月日]
2000年4月14日
[出身]
山梨県中央市
[世界ランキング]
最高5位 (現在9位)

佐藤瞳(さとうひとみ)

[生年月日]
1997年12月23日
[出身]
北海道函館市
[世界ランキング]
最高9位 (現在14位)

 

東京オリンピック【卓球】女子の見どころ|まとめ

卓球といえば、長年の絶対王者と言われている「中国」や、卓球王国と呼ばれる「日本」の印象が強いようです。しかし、起源は19世紀終わりの「英国」で、食堂のテーブルをコートに見立ててテニスの真似をしたのが始まりです。それから、「テーブルテニス」と呼び名がつきました。

幅152.5㎝、長さ274㎝という狭い台の上で、小さく軽いボールが高速、高回転で飛び交うラリーは迫力満点ですよね。

1ゲーム11点制で、4ゲーム先取した方が勝ち。10-10の時は、先に2点差をつけた方が勝ちとなります。団体戦は、3名でシングルスとダブルスを行い、3試合先取したチームが勝利します。

日本の選手も若い選手が早い段階で海外遠征に行くケースが増えた成果も出て、最近では若手のメダル候補が多くなりました。

やはりライバルは中国。世界ランキング1位~6位までを独占しています。

長年のライバルである中国に、今度こそ勝てるかが日本卓球の悲願と言っても過言ではないですね。

東京オリンピック【卓球】男子日程はこちらの記事にまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました